高品質・低公害・省資源・省力化

粉体塗装とは

有機溶剤や水などの溶媒を用いない100%固形分の粉末状(固体)の粉体塗料を使用して、主に静電粉体塗装法(吹き付け塗装)もしくは流動浸漬法(浸漬塗装)の2方法にて行われる工業塗装法を“粉体塗装”といいます。
被塗装物の素材は金属類が主体であり、工業塗装方法として多用途に利用されています。

1.高品質

粉体塗装による完成塗膜は、塗料に使用される高分子樹脂の特性により高膜厚で優れた塗膜強度、化学薬品性、耐食性、耐候性を保持しています。

2.低公害性

粉体塗装は有機溶剤を全く使用せず、鉛・クロムを含まないため、塗装作業時における大気汚染、火災の危険性が大幅に減少し、吸気中毒などの人体への影響もありません。
VOC規制に対応、非危険物なので安全性が向上し管理コストも低減できます。もちろん塗料保管庫も消防法対象外ですので申請は不要です。
また粉体塗装された製品の塗装表面からは、アレルギー疾患の原因とされるホルムアルデヒドのような環境ホルモンの放散が一切ありません。安全な塗装は、製品価値だけでなくメーカー(or企業)の価値を引き上げることに大きく貢献いたします。

3.省資源・省コスト・ゼロエミッション

粉体塗装は、余った使用済み塗料の回収再利用が可能なため塗料ロスが激減します。廃棄物を大幅に低減できます(回収装置利用の場合)。
さらにconallなら、独自の回収粉等価再生技術である「リサイクルパウダーシステム(リンク)」により、ゼロエミッションへのステップアップも可能です。

4.省力化

粉体塗装は塗装作業性が大変に優れ、塗装能力が増加するため、塗装ラインの自動化が容易になります。一回の塗装で厚く均一な塗膜が得られるため(溶剤塗装の2?3倍)、防錆性、耐候性、などの塗膜性能が少ない工程で得られ易くなります。日々の作業においても溶剤塗装のような面倒な粘度調整が不要で、箱から出してそのまま塗装が可能です。